November 6, 2017

フクモ陶器は社員研修の一環で、社員一同横浜市青葉区に存在する家具工房TERAMOTOさんにお邪魔してきたよ。

TERAMOTOさんは、すべすべとして良い香りの家具を沢山作っていた。

なんて素敵な戸棚だろうか、この戸棚がフクモ陶器のものだったら良いのに!(注文された方すみません)

TERAMOTOさんの奥さんのAYUKOさんは、人形や、洋服や、こけしなどの様々なものを作っている!

AYUKOさんの人形は、指へのこだわりが感じられる。ほーら、みんなこんなに細くて長い指。

 トリさん達も、きちんと3本指。(ちなみにフクモ陶器は、右下に見えているお...

November 2, 2017

最近、武田鉄矢の「今朝の三枚おろし」に夢中なフクモ陶器。

こんなに面白いラジオ番組を知らなかったなんて、今までの人生何してたんだろう。

そんな鉄矢が紹介していたのがこの本。「治りませんように」。

北海道にある「べてるの家」という共同体のドキュメント。

ここには、全国から精神の病に苦しむ人々が集まって、「当事者」として暮らしたり、働いたり、様々な活動を行っているそうだ。

興味深いのが、「当事者研究」という研究会。集まった人それぞれが、自分の病を自分で研究してその成果を発表し、皆で話し合う。例えば、「私はこれこれこういう状況のときに決まってこのよ...

October 13, 2017

もうかれこれ3〜4年前になるのであるが、平素より「不思議.net」や「カラパイア」等の不可思議情報をチェックしているフクモ陶器が、「これは!」と唸る2chスレッドを見つけた。(画像は何の関係もありません)

その名も「妖怪退治してるけど、何か質問ある?」というもので、当時22歳だったスレ主「1」さんが自身のお仕事(妖怪退治)について語るというスレッドである。これがもう、非常に、とっても、面白いとしかいいようのないシビれる面白さ!

3〜4年前から、周りの人に勧めまくっているのだけれど、今まで読んでくれた人は一人くらいしかいない(当社調べ)。...

September 24, 2017

最近読んだ本。その名は「ピダハン 『言語本能』を超える文化と世界観」。面白かった。

アマゾンの奥地に住んでいる「ピダハン」という先住民族。

アメリカ人のキリスト教宣教師が布教のためにピダハンの中でしばらく暮らしてみたら色んなことに驚いたということが切々と綴られている。フクモ陶器も色んなことに驚いたね。

ピダハンの操る言葉が不思議すぎる。

過去形未来形が無い。過去や未来のことは考えないので必要ないらしい。

昼夜を表す言葉も無い。昼夜関係なく活動しているので必要ないらしい。

比較級も無い。比較をしないので必要ないらしい。

そして彼らは、自分が実際に見...

September 12, 2017

 BOOKOFFで、面白そうな本が売ってたのでつい買ってしまった。

「中国名菜集錦 広東Ⅰ」。分厚くて重く、持って帰るのが大変だった。

 こいつは大当たりだ!

 広東にあるレストラン数件をピックアップし、そこの名物料理いろいろがオールカラーで紹介されている。

食器も凝りに凝ってて、最高だ。写真も非常に美しい。

 ページを繰るごとに、歓声をあげるフクモ陶器。いいぞ広東料理!

これは、美味しんぼにでてきた幻のスープ「仏跳牆」だ!食べない社長が、ついに食べたスープ。

 次のページのこれも(青竹に魚を入れて焼いた料理)、美味しんぼにでてきたぞ!

青竹調理を...

September 6, 2017

三井記念美術館で開催されていた「地獄ワンダーランド」展に行ってきた。

地獄のことを知るためだ。

伊豆極楽苑でも思ったけど、 いままで、地獄について何もわかっちゃいなかった。

「冥土の土産物店」なんてやったくせに。フクモ陶器は己の無知さをひどく反省した。

 地獄は、こんなだった。ちくしょう!

 昔の人、変態すぎる。

September 2, 2017

リングココアという菓子をご存知であろうか。

これは、「おいしい」という会社が製造していて、ココアが非常に濃くて旨い。

フクモ陶器は20年来愛好しており、この先も生涯かけて愛し抜きたいと思っている菓子である。

あまり売っている店が無くて、ロピアというスーパーに売っていたのが最近売るのをやめてしまった。

売っている店をご存知の方は至急フクモ陶器にお知らせ願いたい。

もともとは2枚入りの袋が12袋(つまり24枚)入っていたのだが、最近になって気づいたら1枚入りの袋が17袋(つまり17枚)になっていた。ショックで胸がはりさけそうだが、ココアの価格が高...

August 27, 2017

(前回のつづき)手作りビールをたらふくごちそうになったフクモ陶器は、さらにTRMT家の珍宝を見せてもらった。

TMちゃん秘蔵の、「新•講談社の絵本シリーズ」という復刻版の絵本たち。こいつはすごいぞ。

桃太郎の表紙を見るがよい。鉢巻と肩に施された桃の刺繍のリアルさといったら!あんた実際見てきたのかよ!というほどのクオリティ。

 こちらは浦島太郎の一コマ。舞姫たちの頭には魚介類が。楽器も貝。この、細部への異常なまでのこだわり。

物思いにふける浦島。の後ろには貝柄のカーテンが!椅子は赤サンゴ!ザブトンは亀柄だよ!

 そして超問題作の猿蟹合戦。知って...

August 26, 2017

友人のTRMT家が、なんと自身でビールの醸造をやっている(密造酒ではない)との話を聞きつけ、ごちそうになってきた。瓶にたっぷりつまったビールが、飲んでも飲んでも、次から次へと出てくる。

伊豆極楽苑並みの極楽。竜宮城並みの歓待。なんだか怖いくらいの幸せ。

瓶ごとにすこしづつ味が違う!飽きさせないめくるめく美味しさ。こんなビールが家で作れるなんて。

なんと黒ビールも!フクモ陶器は飲んでばかりいたため、写真があまりない。しかしビールは沢山あった。

枝豆も沢山あった。美味しい。

写真では伝わりにくいが巨大な寸胴鍋が鎮座。1メートルくらいある。ような気...

August 20, 2017

伊勢佐木町に、好みの本ばかり取り扱っている古本屋を見つけた。

いつ行っても、フクモ陶器が身をよじって喜ぶ本が多数並んでいる。

先日、こんな本を見つけてさっそく手に入れた。

 「第一章 神秘篇」から始まる。さながらダンテの「神曲」のようだ。

 さまざまな、非常にさまざまなケースに応じたお札の書き方が載っている。

「衣服、家具を得る秘符」「財宝、五穀豊穣の秘符」など。

 「人の誤解を避ける秘符」といった極ピンポイントな悩みや、「金持になる秘符」といったすがすがしいお札も。

 出産を控えた友人に、「安産の御符」なるものを書いたら、先日無事生まれた。す...

Please reload

最新記事

February 1, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now